壁の汚れが気になる?実は汚れが気にならないためのコツがあります。

よくうかがうお悩みの中に綺麗に壁を塗り替えたが、すぐに汚れが目立つようになってしまった

というのがあります。汚れが付着したり染み付きにくい壁に仕上げるためには、実はいくつかのコツがあります。

そのうち、お客様でもご検討頂ける内容をいくつか紹介したいと思います。

まず、一つ目が塗料の種類です。

ご自宅の立地条件や気候、建物の壁の材質によっても適した塗料は変わってはきますが、

汚れという点について考えると、「親水性」の塗料が外壁への汚れの付着を防ぐため、

壁を長期間きれいに保つことができます。

次に、色合いです。汚れが目立ちにくいとされているのは、暗めのグレーです。ただ、

グレーを使うと、建物全体が暗い印象に見えてしまうのは、若干のデメリットです。

反対に、汚れが目立ちやすい色というのが「白」「黒」といった原色系ですので、

こちらを避けてお色選びをするのがおすすめです。

外壁塗装をお考えの方は、是非塗料の種類と色を合わせて、ご検討下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA